コンテンツにスキップする

NY金:続落、年初来の上昇帳消し-ドル上昇で代替需要後退

ニューヨーク金先物相場は続落。年 初来の上昇分を帳消しにした。欧州の債務危機が深刻化しているとの懸 念を背景にドルが上昇したことで、代替投資先としての金の需要が減退 した。この日は他の貴金属市場も軒並み値下がりした。

ドルは対ユーロで3カ月ぶりの高値となった。ギリシャで新政権樹 立協議が難航する中、ユーロ圏当局者は前例のない加盟国離脱が現実と なった場合の影響などについて検討し始めている。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「欧州へ の不安から、ドルに買いが集まっている」と指摘。「金の軟調な地合い は続くだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前週末比1.5%安の1オンス=1561ドルで終了。一時は1555ドル と、昨年12月30日以来の安値を付けた。

原題:Gold Erases This Year’s Gain as Europe Concern Boosts Dollar(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE