独首相:ギリシャはEU加盟国であり続ける、ユーロ残留賢明

ドイツのメルケル首相はギリシャに ついて、常に欧州連合(EU)の加盟国であり続けるとした上で、ユー ロ圏にとどまった方が賢明だとの考えを示した。

メルケル首相は14日、ベルリンで開かれた高校生とのパネル討論会 で、「ギリシャはユーロ圏にとどまった方が好ましいと私は確信する が、欧州には同国が着実に立ち直れる道筋を示すことも求められてい る」と発言。「ギリシャはもちろん切り抜けられる」と述べた。

その上で、ギリシャは「常にEUの加盟国であり続け、それはまっ たく問題ではない」と指摘。問題なのは「むしろ、もしギリシャが『合 意内容を堅持しない』と表明した場合にユーロの結束が終了すること だ。しかし私はそのようなことが起こるとは予想していない。ギリシャ は努力をしていると私は考えている。ギリシャ国内にはそれを望む人々 が多い」と続けた。

原題:Merkel Says Greece Will Always Be EU Member, Better Off in Euro(抜粋)

--取材協力:Patrick Donahue.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE