コンテンツにスキップする

欧州債:スペイン債利回り5カ月ぶり6.3%台-ギリシャ混迷で

14日の欧州債市場ではスペイン10年 債利回りが5カ月余りで初めて6.3%を突破した。ギリシャがユーロ圏 から離脱する可能性が高まったほか、ドイツのメルケル首相が率いる国 政与党が地方選で敗北したことが手掛かり。

高格付け国債を選好する動きから、ドイツとフィンランド、オラン ダの国債利回りが過去最低を更新した。スペイン国債の保証コストは過 去最高を付けた。イタリア10年債利回りは1月以降で最大の上げ。ユー ロ圏の鉱工業生産は3月に予想に反して減少した。15日公表される GDP(域内総生産)統計で、ユーロ圏経済は1-3月(第1四半期) に縮小したとみられている。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツ(ロンドン)の債券ス トラテジスト、アキレアス・ゲオルゴロプロス氏は、「ギリシャの政局 行き詰まりが引き続きリスクプレミアムを押し上げ、スペイン国債が下 げ続けている」とし、「全てはリスクオフ(リスク回避)の状況に入り つつある」と語った。

ロンドン時間午後4時現在、スペイン10年債利回りは前週末比22ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の6.23%。一時は6.36% まで上げ、昨年11月30日以来の6.3%台に乗せた。同国債(表面利 率5.85%)価格はこの日、1.56下げ97.275となった。

イタリア10年債利回りは1月30日以降で最大の上げとなる28bp上 昇した後、20bp上昇の5.71%となった。2年債利回りは32bp上 げ3.32%。一時は42bp上昇し、上げ幅としては1月16日以降で最大と なった。

ドイツ国債利回り

ドイツ国債の2年、5年、10年、30年物の各利回りは過去最低まで 低下。30年物利回りは一時、13bp低下し2.072%。10年債利回り は1.434%まで下げ、5年債利回りは0.479%まで低下した。2年債利回 りは0.055%を付けた。

オランダ10年債利回りは8bp下げ1.95%となった。同年限のフィ ンランド国債は3日続伸し、利回りは1.79%まで低下した。

原題:Spanish Yields Climb to 5-Month High on Greece; Bunds Advance(抜粋)

--取材協力:Abigail Moses.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE