コンテンツにスキップする

JPモルガンCEOの砦崩壊-ヘッジから賭けへの変身があだ

米銀JPモルガン・チェースのチー フ・インベストメント・オフィス(CIO)でクレジットトレーディン グ責任者だったデービッド・オルソン氏は、米海軍の原子力潜水艦の操 縦士としてリスクについて学んだ。

2006年に同氏がJPモルガンに加わった時の司令官、ジェイミー・ ダイモン最高経営責任者(CEO)は保守的だった同部門を、リスク管 理を仕事とする部署から利益を生み出す部署に作り変えようとしてい た。

この取り組みが今、JPモルガンが育ててきたリスク管理の評判を 破壊し、大き過ぎてつぶせない銀行の投機を抑えようとする規制の流れ を批判するダイモンCEOの権威に傷を付けた。ウォール街で最強の女 性の1人だったイナ・ドルー氏の失脚にもつながった。ダイモンCEO が先週20億ドル(約1600億円)の損失について明らかにすると米英の当 局はJPモルガンを精査し、議員らは規制強化の必要性を示す証拠だと して同行を指差している。

ドルー氏が統括していたCIO部門は、JPモルガンが集めた預金 の中で融資に活用していない資金を投資する。この部門に信用デリバテ ィブ(金融派生商品)など高利回り資産への投資で利益を上げるよう後 押ししたのがダイモンCEOだった。5人の元幹部が明らかにしてい る。同CEOがポジションを示唆したと現幹部の1人が述べた。その後 の5年で資産は4倍の3560億ドルに増え利益は急増したという。現・元 幹部らによれば、同部門の従業員は自己勘定で取引する口座を与えられ ていた。

ウォール街の典型

国際通貨基金(IMF)の元チーフエコノミストで現在は米マサチ ューセッツ工科大学(MIT)教授のサイモン・ジョンソン氏は、JP モルガンの損失について、「これまでに数多く見られた典型的なウォー ル街の傲慢(ごうまん)さの表れだ」と指摘。さらに、「特に皮肉なの は、ダイモンCEOが自他共に認めるリスク管理の専門家だとみられて いたことだ」と述べた。

JPモルガンのCIOオフィスが10桁台の損失を出したのは初めて ではない。同部門は2008年に、米ファニーメイ (連邦住宅抵当金庫) とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)の優先証券で10億ドルの損 失を被った。両社が米政府の管理化に置かれたためだ。昨年12月まで同 部門の米クレジットトレーディング責任者だったオルソン氏は、自身が 当時解雇されなかったのはひとえに、ダイモンCEOが問題の「ポジシ ョンについてよく知っていた」ためだと述べた。

ブルームバーグ・ニュースは4月13日に、ダイモン氏がCIO部門 をリスクテーク部門に変身させ投機的な取引を拡大させたと報じた。ロ ンドンでの一部取引は規模が大きすぎて、損失なしに解消するのは恐ら く難しいとも元幹部からの情報として指摘した。ダイモンCEOはロン ドンの取引について「取るに足らないことを騒いでいる」と評してい た。

膨らむ損失

先週の損失発表時には、事態の深刻さが分かって来たのは1-3月 (第1四半期)の決算を発表した4月13日以降だったと説明。JPモル ガンのある幹部によれば、ダイモン氏はCIO部門の大規模ポジション の損益報告に毎日目を通していたが、ダイモン氏とドルー氏は、損失は 日々の変動の一部だと考えていたという。

損失は先週の公表以降に膨らんでいると、行内の事情を知る関係者 が述べている。損失の出る取引は現在、投資銀行部門が管理しリスク最 小化を図っているため、最悪でも損失は先週明らかにした20億ドルか ら10億ドル程度膨らむ水準に抑えられるとみているという。

いずれにせよ今回の損失は、ダイモンCEOにとって痛手だ。米金 融規制改革法(ドッド・フランク法)で預金金融機関の自己勘定取引を 制限しようとするのを、押し返そうと取り組む金融業界の動きを主導し てきたのが同氏だからだ。FBRキャピタル・マーケッツのアナリス ト、ポール・ミラー氏は、損失によってダイモン氏がその役割を果たし 続けるのは難しくなるかもしれないと話す。「JPモルガンの周りには ちょっとした後光が射していたが、これが失われた」と同氏は述べた。

損失公表の2日前にインタビューでオルソン氏は、ファニーメイと フレディマックをめぐる失敗から学んだと語っている。「コントロール できないリスクは常に存在し、予測も不可能だということの完璧な例だ った」と同氏は振り返った。

原題:Dimon Fortress Breached as Push From Hedging to Betting Blows Up(抜粋)

--取材協力:Erik Schatzker、Christine Harper、Shannon D. Harrington、Mary Childs、Bradley Keoun、Stephanie Ruhle.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE