コンテンツにスキップする

イタリアの公的債務、3月は1.95兆ユーロ-救済基金へ拠出で

イタリアの公的債務は3月に1 兆9500億ユーロ(約201兆円)に達した。イタリア銀行(中央銀行) は14日公表の国家財政に関する報告の中で、欧州救済基金への拠出を一 因に挙げた。

報告によると、イタリアの公的債務は前月から179億ユーロ増え た。国内総生産(GDP)比では122.5%と、2月の121.4%を上回っ た。同国債務のGDP比率はユーロ圏で2番目の高さ。

同中銀は「2012年3月にみられた著しい増加」は、救済基金である 欧州金融安定化ファシリティー(EFSF)が「ギリシャ向け金融支援 の枠組みで発行した債券」が一因だと説明した。

報告によると、3月の税収は前年同月比で3.6%減少した。

原題:Italian Debt Increased in March on EFSF Aid, Central Bank Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE