コンテンツにスキップする

欧州ソブリン債の保証コスト上昇-ギリシャやスペイン情勢で

14日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場で、欧州のソブリン債を保証するコストが急上昇 した。ギリシャの政局行き詰まりに加え、スペインの銀行資本をめぐる 危機感で、ユーロ圏が崩壊し始めるとの見方が強まった。

西欧の国債15銘柄のCDSスプレッドから成るマークイットiTr axx・SovX西欧指数はロンドン時間午前10時20分(日本時間午後 6時20分)現在、7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 の293bp。ブルームバーグのデータによると、スペイン国債のCDS スプレッドは22.5bp上昇し540bpと、過去最高に達した。スプレッ ド上昇は信用の質が劣化したとの認識を示唆する。

ギリシャ救済の条件となった緊縮策を順守する政権の樹立が同国で 難航する中、欧州の当局者らは同国がユーロ圏を離脱する状況の検討を 始めている。またスペイン政府は先週、銀行に引当金300億ユーロの積 み増しを命じ、注入する公的資金は150億ユーロ未満との見積もりを示 したが、この対策について米格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスは、不十分かつ同国の債務負担を重くする恐れがあるとの 見解を示した。

クレディ・アグリコルのストラテジスト、ハープリート・パーハー 氏(ロンドン在勤)は「リスクの行き着く先は何らかのユーロ離脱だ」 とし、ギリシャ「以外の国でも緊縮策に反対する勢力が台頭しており、 スペインの銀行増資計画は人々を納得させるのに十分ではない」と続け た。

BNPパリバによると、欧州の社債と金融債を保証するコストも上 昇し、1月以来の高水準に達した。主に高リスク・高利回りの50銘柄で 構成するマークイットiTraxxクロスオーバー指数のスプレッド は31.5bp上げ716.5bp。投資適格級の欧州企業125社で構成するマー クイットiTraxx欧州指数のスプレッドは9bp上昇し167bp。

欧州の銀行・保険25社の優先債に連動するマークイットiTrax x金融指数は13.5bp上げて278.5bp、劣後債の指数は20bp上昇 の455bpとなった。

原題:Sovereign Debt Risk Rises as Spain Bank Woes Heighten Euro Alarm(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE