「ポール・スミス」、上海旗艦店を計画-中国本土進出狙い

デービッド・ベッカムやジョージ・ クルーニー、ジュード・ロウなど著名人が愛用する英国のファッション ブランド「ポール・スミス」 は、上海に旗艦店の出店を計画してい る。アパレル市場が急拡大する中国本土への進出を狙う。

同社は12月に上海市内で5000平方フィート(465平方メートル)の 店舗を開設し、今後5年で中国国内に24店舗を追加出店する計画だ。大 中華圏で同ブランドの販売を手掛けるイマジンX・グループのバルビ ナ・ウォン最高経営責任者(CEO)が11日のインタビューで明らかに した。

ボストン・コンサルティング・グループの昨年7月のリポートによ れば、所得増加に伴う需要の高まりで、中国のアパレル市場は2020年ま でに1兆3000億元(約16兆5000億円)と、10年(4000億元)の3倍余り に拡大する見通し。

ウォン氏は「中国の消費者はより洗練され、ブランド志向が高まっ ている」と分析。中国全般の国内総生産(GDP)は鈍化する可能性が あるものの、中流階級は成長しつつある」と指摘した。

原題:Fashion Label Paul Smith Plans Shanghai Megastore in China Entry(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE