米フェイスブックのCEO、モバイル戦略に重点-IPO控え

ソーシャル・ネットワーク・サービ ス(SNS)最大手、米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高 経営責任者(CEO)は28歳の誕生日の14日、新規株式公開(IPO) で投資需要を高めるための投資家説明会の終盤戦に臨み、モバイル・ユ ーザー向け事業で収益確保が可能であることを説明する考えだ。

ザッカーバーグ氏やシェリル・サンドバーグ最高執行責任者 (COO)、デービッド・エバースマン最高財務責任者(CFO)がシ カゴやデンバーなど全米各地を回る説明会で投資家と会談する。その 間、同社技術者は4億8800万人のモバイル・ユーザー向け事業で利益に 貢献する製品の最後の仕上げを進めている。

同社は先週、ユーザーの多くが携帯端末からログインしており、ユ ーザー数の伸びに広告収入が追いついていないことを明らかにした。事 情に詳しい複数の関係者によると、機関投資家はフェイスブック株の購 入を尻込みしている。今週のIPOを控え同社幹部はモバイル戦略をは っきりと説明するよう迫られていると、フロリダ大学のジェイ・リッタ ー教授は指摘した。

リッター教授(ファイナンス)は「フェイスブックのバリュエーシ ョン(株価評価)については、持続可能な利益を得られるだけの成長を 実現できるかどうかが大きな問題となる」と述べ、「この点で最大の問 題は、デスクトップ・ユーザーとモバイル端末ユーザーとの組み合わせ だ」との見方を示した。

フェイスブックはインターネット企業としては史上最大規模となる 最高118億ドル(約9450億円)のIPOを計画している。IPO価格は17 日に決定され、翌日ナスダック・ストック・マーケットに「FB」の証 券コードで上場する予定。同社は3億3740万株を1株当たり28-35ドル で売却する方針で、最大960億ドルの時価総額を目指している。

原題:Facebook CEO Focuses Investors on Mobile Strategy as IPO Nears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE