コンテンツにスキップする

中国のスワップ金利、5カ月ぶり大幅低下-預金準備率引き下げ受けて

中国の1年物スワップ金利は14日、 中国人民銀行(中央銀行)が市中銀行の預金準備率引き下げを発表した ことを受けて、約5カ月ぶりの大幅な低下を記録した。

ブルームバーグのデータによれば、1年物スワップ金利は上海時間 午前9時11分(日本時間同10時11分)時点で18ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)低下し、2.95%となった。スワップ金利の低下率 は昨年12月1日以来で最も大きい。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE