コンテンツにスキップする

パナソニク株3カ月半ぶり下落率、黒字は市場予想の半分へ

パナソニック株価が3営業日連続 で下落し、先週末に続いて約34年半ぶりの安値水準で推移。下落率は 約3カ月半ぶりの大きさ。前週末発表の今期(2013年3月期)純利益 予想が市場予測の半分だったことで目標株価を下げる動きも出ている。

株価は一時、前営業日比4.7%安の543円まで下げた。この日中安 値は11日に続き、1978年1月以来の低水準。 下落率は2月2日に記 録した5.2%以来の大きさ。午前10時1分現在は同1.4%安の562円。

今期純損益予想は500億円の黒字と、アナリストの事前予想平均 1059億円の約半分。不採算のテレビや同部品関連の事業を抜本的にリ ストラした前期は過去最悪の7722億円の赤字、テレビ事業は今期も営 業赤字を続ける見通し。

バークレイズ・キャピタル証券は12日付で、目標株価を670円か ら620 円に下げた。同証の藤森裕司アナリストはリポートで「高い税 率負担から純利益が500億円にとどまる点はややネガティブ」とコメン ト。野村証券も目標株価を30円下げ、780円とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE