コンテンツにスキップする

JPモルガン:ロンドンCIO部門の全社員解雇も-関係者

米銀JPモルガン・チェースは、チ ーフ・インベストメント・オフィス(CIO)部門のロンドン在勤の全 従業員を解雇する可能性がある。同部門が20億ドル(約1600億円)の取 引損失を出したことを受けて、週内にも同部門の幹部退職が始まるとい う。状況に詳しい関係者1人が明らかにした。

解雇の検討が非公開であることを理由に同関係者が匿名で語ったと ころによれば、JPモルガンはCIO部門でリスクを隠蔽(いんぺい) しようとした社員がいなかったかどうかを調査している。同部門のロン ドン在勤者は数十人に上る。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は13日に匿名の関 係者の話を基に、退職する幹部は3人で、その中にはCIO部門責任者 のイナ・ドルー氏が含まれると伝えた。JPモルガン広報のジョゼフ・ エバンジェリスティ氏は、ドルー氏はコメントしないだろうと述べた。

関係者によると、JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責 任者(CEO、56)は当初ドルー氏の辞任受け入れに抵抗していた。同 CEOは10日、リスク管理を担当するCIO部門がデリバティブ(金融 派生商品)の一種であるシンセティック・クレジット証券で誤ったポジ ションを取った結果、損失を出したことを公表した。

ドルー氏(55)はJPモルガンの経営委員会に名を連ねる2人の女 性幹部の1人。CIO部門は約3600億ドルを運用していた。ダイモン CEOはCIO部門に対し、ストラクチャード・クレジットや株式、デ リバティブなどの高利回り資産を購入して利益を拡大するよう促してい た。同行の元従業員数人が4月に述べたところによれば、同部門のアキ レス・マクリス氏を中心にリスクテーク姿勢を強めていったという。

WSJが匿名の関係者らの話を基に伝えたところによれば、マクリ ス氏(50)と同氏率いるチームのトレーダー、ハビエル・マルティン・ アルタホ氏も退職するという。両氏に連絡を試みているが、現時点で返 答はない。

原題:JPMorgan Unit’s Whole London Staff May Be at Risk as Exits Start(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE