米ヤフー:トンプソンCEO辞任-レビンソン氏が暫定CEO

米ヤフーのスコット・トンプソン最 高経営責任者(CEO)は、学歴詐称問題が取り沙汰される中で辞任し た。ヤフーは株主でヘッジファンド運用会社のサード・ポイントとの委 任状争奪戦を決着させるため取締役会を再編することに同意した。

13日の同社発表資料によると、グローバル・メディア部門責任者ロ ス・レビンソン氏が暫定CEO、フレッド・アモローソ氏が会長にそれ ぞれ就任する。アモローソ氏は取締役から直ちに辞任することに合意し たロイ・ボストック非常勤会長の後任となる。取締役会の再編でサー ド・ポイントのダニエル・ローブCEOら同社指名の3人が加わる。

アモローソ氏は発表文で「取締役会は今回の再編とサード・ポイン トとの和解を喜んで発表すると共に、株主にとって最善の利益になると 確信している」との見解を示した。

ヤフー株約5.8%を保有するサード・ポイントは今月3日、4カ月 前に就任したトンプソンCEOの学歴が不正確だと批判し、同社への圧 力を強めていた。かつてはウェブ検索などで業界トップだったヤフー は、3年余りで3人のCEOが辞任する事態となり、経営の混乱は一段 と強まった。ヤフーの昨年の売上高は3年前のピークから31%減少し、 株式時価総額は2005年末の半分未満に減少している。

ブルームバーグ・インダストリーズのシニアアナリスト、ポール・ スウィーニー氏は「ヤフーは不安定な立場にある」と述べ、「この改革 を行うことが最善かつ最も容易なのだろう」と指摘した。

圧力

ヤフーがグーグルやフェイスブックにユーザーと広告収入を奪われ る中、トンプソン氏(54)は経営再建の指揮者として1月にCEOに迎 えられた。

今回の辞任劇の発端は、トンプソン氏がストーンヒル大学でコンピ ューター科学の学士号を取得したとしていた点だ。米eベイのペイパル 部門社長だった同氏は同大学で会計学の学位を取得しており、この情報 はeベイによる監督当局への提出書類やヤフーの一部報道発表にも正し く記載されているが、コンピューター科学の学位に関する誤った情報は 同社の4月27日の年次報告書と同社ウェブサイトに掲載されていた。ヤ フーは学歴の誤りを認めた後、2月に取締役会入りしたアモローソ氏を 座長にした委員会を設置して調査を進めていた。

サード・ポイントはヤフーの経営の方向性や取締役人事をめぐり同 社と論争していた。同社の前経営陣がマイクロソフトからの440億ドル の買収提案を受け入れなかったことについて批判したほか、2000人の人 員削減計画発表をめぐり4月にトンプソン氏を非難していた。

--取材協力:Adam Satariano、Jeff Green.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE