コンテンツにスキップする

エネ・環境会議:関西電力管内は20%の節電要請検討-計画停電準備も

閣僚らで構成される政府のエネルギ ー・環境会議は14日夜に会合を開催し、電力不足を解消するための今夏 の節電目標の原案を発表した。それによると14.9%の電力不足が予測さ れている関西電力管内には、一昨年比20%程度、九州電力(2.2%不 足)管内には同12%、北海道電力(1.9%不足)管内には7%程度、四 国電力(0.3%の余裕)管内には5%程度の節電を求める方針を決め た。

節電を求める期間については未定。都内で会見した石田勝之内閣府 副大臣(国家戦略担当)は、今週末までに開催される次回の会合で、具 体的な内容を含めた最終方針を定めることを明らかにした。

関電への電力融通を促すため、政府は電力不足のない中部電、北陸 電、中国電、四国電にも5%の節電を求めることも計画。4社からの融 通が得られれば、関電の目標を15%に、九州電の目標を10%に低減する ことも検討する。

需給に余裕のない四国電については、停電を防ぐために5%を超え る節電目標を設定することも視野に入れた。石田氏によると、具体的な 目標のレベルについては「5%プラスアルファ」としており、「どの程 度まで協力していただけるか現在協議している」と話した。

政府は関電、九州電、北海道電、四国電管内での計画停電の準備に ついて検討を開始する。さらに、関電管内では電気事業法に基づく使用 制限令の発動についても検討に着手する。

電力各社の節電目標は以下の通り。

電力会社      供給予備率      要請検討中の節電目標北 海道電力    マイナス1.9%        7%程度

東北電力      プラス3.8%          なし 東京電力 プラス4.5%          なし 中部電力      プラス5.2%        5%程度 関西電力     マイナス14.9%        20%程度 北陸電力      プラス3.6%        5%程度 中国電力      プラス4.5%        5%程度 四国電力      プラス0.3%        5%程度 九州電力     マイナス2.2%        12%程度

(予備率は2010年夏並みの猛暑となった場合。節電目標はすべて10年 比。関電、九州電の目標は他社からの融通を得られなかった場合のも の)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE