コンテンツにスキップする

独連銀総裁:ギリシャへの追加支援検討は可能-南ドイツ新聞

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバーであるドイツ連銀のバイトマン総裁は、ギリシャが約束を守る なら同国向け追加金融支援の検討は可能だとの見解を示した。南ドイツ 新聞がインタビューを引用して伝えた。

同紙によると、バイトマン総裁は「ギリシャが約束を守らない場合 は民主主義の判断に委ねられる」と述べ、「その結果として、追加金融 支援の根拠が失われる」と指摘した。

原題:Weidmann Sees More Aid for Greece as Possible, Sueddeutsche Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE