ドイツ最大人口州議会選:メルケル首相の国政与党敗れる

13日投開票されたドイツのノルトラ イン・ウェストファーレン州議会選は、メルケル首相率いる国政与党の キリスト教民主同盟(CDU)が社会民主党(SPD)に敗れた。国政 野党のSPDが地方政府の掌握をさらに強める結果となった。同州は最 大の人口を抱える。

SPDの得票率は前回選挙を上回った。緑の党の支持も得てハンネ ローレ・クラフト氏の州首相続投が可能となった。CDUの得票率は第 2次世界大戦後最低。

CDUは2010年、有権者がギリシャ救済に反発する中、同州議会で 第一党の座を失った。奪還を目指し選挙キャンペーンを主導したメルケ ル首相にとって今回の敗北は痛手となる。SPDは現在、国内16州中11 州で政権を担っている

メルケル首相の伝記を著したボン大学教授(政治学)のゲルト・ラ ングート教授は電話インタビューで、「これはCDUにとって地方政治 における威信の大きな失墜だ」と指摘。それでもメルケル首相は「この 結果を無視しようと最大限努めるだろう。国政選挙での投票パターンで CDUがリードしている限り、首相は地方選挙の結果に動じないでいら れる」と説明した。

ノルトライン・ウェストファーレン州は人口がドイツ全体(8200万 人)の約4分の1を占め、スイスを上回る経済規模を持つ。メルケル首 相にとって13年秋の連邦議会(下院)選挙の行方を占う意味で今年最も 重要な選挙と位置付けられていた。

現地時間13日午後7時58分(日本時間14日午前2時58分)現在の ZDFテレビの予測では、CDUの得票率は26%と、10年5月の前回選 挙から約9ポイント低下。CDUのアルトマイヤー幹事長はこの結果は 「われわれの最悪の予想より悪かった」と述べた。

SPDの得票率は38.6%と、前回選挙を4ポイント上回った。連立 を組む緑の党は11.8%となり、クラフト氏率いる連立与党は過半数を確 保した。同氏はこの2年間、少数与党の政権運営を余儀なくされてい た。

原題:Merkel’s CDU Defeated in Worst Postwar Result in Biggest State(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE