コンテンツにスキップする

ギリシャ国民の78%はユーロ圏残留望む-カパ・リサーチ調査

ギリシャ国民の過半数はユーロ圏残 留のため、次期政権があらゆる措置を講じることを望んでいることが調 査会社カパ・リサーチの世論調査で明らかになった。

ギリシャ紙トビマ掲載の世論調査によると、78%は同国のユーロ圏 残留を支持。ドラクマ復帰が望ましいとの回答は12.9%だった。

また、10人中7人は連立政権の樹立のため政党が譲歩するよう望ん でおり、再選挙に賛成との回答は22.9%。世論調査によれば、再選挙が 実施された場合、急進左派連合(SYRIZA)の支持率が20.5%で第 1党となる見通し。

世論調査は今月9、10日にギリシャ国民1007人を対象に実施され た。誤差は3.1%。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE