コンテンツにスキップする

【今週の債券】長期金利0.8%目指す展開か、ギリシャ懸念で買い継続

今週の債券市場で長期金利は9年 ぶり低水準となる0.80%を目指す展開が見込まれている。ギリシャの 政局混迷で欧州債務問題に対する警戒感が再び高まっており、安全資 産の日本国債に買いが入りやすいことが背景にある。

長期金利の指標となる新発10年債利回りについて、ブルームバー グ・ニュースが11日に市場参加者4人から聞いた今週の予想レンジは、 全体で0.80-0.90%となった。下限の0.8%まで達すれば2003年以来 の低い水準となる。前週末終値は0.85%。

前週は0.845%と1年7カ月ぶり低水準を付け、2010年10月上旬 に記録した03年以来の最低水準の0.82%に接近した。DIAMアセ ットマネジメントの山崎信人エグゼクティブファンドマネジャーは、 「今週もギリシャの政治情勢が材料視される。6月の再選挙が視野に 入ると、内外でリスク回避の傾向が強まると考えられ、債券相場の下 支え要因となる」と予想する。

ギリシャ選挙制度では、大統領が第1党から第3党までの党首3 人に順に組閣を要請。各交渉期限は3日間。3党の連立交渉がいずれ も不調に終わった場合、憲法の規定では大統領が挙国一致内閣樹立を 仲介するが、これでもまとまらなければ再選挙となる。

パプリアス大統領は3大政党による連立政権に向けた組閣協議が 失敗に終わった後、13日に3党と挙国一致内閣の樹立で説得を開始し た。SMBC日興証券の末沢豪謙チーフ債券ストラテジストは、「質へ の逃避の動きが進むのか、リスクオン(選好)に戻るのかは、ギリシ ャ情勢次第」と指摘した。

国内は40年と5年債入札

一方、スペインでは短期債、国債の入札を控えている。同国政府 は公的資金の注入などで銀行部門の健全化を進める構えで、金融不安 は足元で緩和しているが、入札結果が低調となり、スペイン国債利回 りが上昇すると、リスク回避の資金が円債にシフトしやすい。岡三証 券の鈴木誠債券シニアストラテジストは、「ギリシャ政局やスペインの 銀行の不良債権問題など、欧州はすぐには解決の方向が見えてこない ため、売られてもすぐに買いが入る」と言う。

国内では15日に40年債、17日に5年債の入札がそれぞれ実施さ れる。需給環境が良好なことを背景に、ともに波乱なく通過するとの 見方が出ている。

岡三証の鈴木氏は、国債入札について「7月に向けて追加緩和期 待が高まりやすく、心配はないだろう」と言う。DIAMアセットマ ネジメントの山崎氏は、5年債入札について「今後の金利低下余地は 小さくとも需要はなお旺盛」だと指摘した。

11日夕までに集計した市場参加者の今週の予想レンジは以下の 通り。先物は中心限月6月物、新発10年国債利回りは322回債。

◎パインブリッジ・インベストメンツ運用本部の松川忠債券運用部長

先物6月物142円90銭-143円70銭

10年国債利回り=0.80%-0.90%

「ユーロ、株価の動向次第だが、欧州問題を背景に、リスク回避 の動きが強まれば、買いが優勢となる。イタリア、スペインの国債入 札が予定されており、債券は強地合いが続く公算が大きい。スペイン では、銀行に公的資金を注入しており、国債需要を見極めたい」

◎DIAMアセットマネジメントの山崎信人氏

先物6月物142円90銭-143円60銭

10年国債利回り=0.82%-0.89%

「長期金利は0.8%台でレンジを形成しそう。投資家は大型連休 と前後して残高を積み増してきただけに、ここからの金利低下を追い かけてまで買いには動かない見通し。2010年10月に付けた長期金利 の最低水準0.82%が意識される中、当面は押し目買い姿勢で臨んでく るのではないかとみている」

◎JPモルガン・アセット・マネジメントの塚谷厳治債券運用部長

先物6月物142円80銭-143円70銭

10年国債利回り=0.80%-0.90%

「ギリシャなど欧州債務問題はすぐには収束せず、時間がかかる と思う。ユーロ圏からの離脱観測が出ているものの、技術的に困難を 伴い、支援を続けざるを得ないのではないか。1-3月期GDPは予 想の範囲内であれば、過去の数字と受け止められ、反応は限定的だろ う。40年債、5年債入札は無難な結果を予想している」

◎岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジスト

先物6月物142円70銭-143円50銭

10年国債利回り=0.84%-0.90%

「債券相場は高値を抜けずにこう着か。外部環境は金利低下方向 にあるとみている。ただ、10年金利が2010年のボトムである0.82% に接近しており、さすがに警戒感も出ている。今週の40年債や来週の 20年債と超長期ゾーンの入札も続くことから、今の段階で一段と買い 進むのはためらわれる」

--取材協力:赤間信行、船曳三郎 Editors:山中英典、持田譲二

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE