ユーロ圏を格下げ方向に指定も、ギリシャ離脱なら-フィッチ

格付け会社フィッチ・レーティン グスは11日、ギリシャがユーロ圏から離脱した場合、ユーロ圏のすべ ての国を格下げ方向に指定する見通しを示した。

フィッチは発表資料で、ギリシャで既存の救済条件に反対する新 政権が誕生した場合、同国のユーロ離脱のリスクは高まると指摘。組 閣に向けた連立交渉が不調に終わった場合に行われる6月の再選挙は、 ギリシャとユーロ圏にとって「重大な」ものになると予想した。

またフィッチは、「現在の政治危機の結果、あるいはその後に経済 状況が安定しないことで、ギリシャが欧州通貨同盟(EMU、ユーロ 圏)を離脱した場合、システムおよび各国ごとの影響を見直す中で、 他のユーロ参加国すべてのソブリン格付けをウォッチ・ネガティブに する公算が大きい」と説明した。

原題: Euro Nations’ Credit Ratings at Risk From Greek Exit, Fitch Says (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE