ダラス連銀総裁:過剰に大きな銀行はリスク管理が困難

米ダラス連銀のフィッシャー総裁 は、JPモルガン・チェースの約20億ドルに上るトレーディング損失に ついて質問を受け、米銀は巨大化するあまりリスク管理の焦点を見失う 恐れがあるとの考えを示した。

フィッシャー総裁は11日、テキサス銀行協会で講演。質疑応答で 「規模が拡大すると、リスク管理はエクササイズのように大変になる」 と述べ、「サイズが膨らめば、足元で起こっていることが見えなくな る」と続けた。

同総裁は個々の米機関についてコメントは控えるとした上で、米大 手銀は破産リスクを納税者に肩代わりさせるような、政府による暗黙の セーフティネット(安全網)の下で営業しており、分割する必要がある との認識を示した。JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最 高経営責任者(CEO)は前日、リスク管理に携わる部門の「甚だし い」失敗により同銀が20億ドル規模のトレーディング損失を被ったこと を明らかにしていた。

フィッシャー総裁は「これは米国の資本主義ではない」と発言。 「われわれはこういった機関の大幅な規模縮小を訴えている。ドッド・ フランク法が問題の解決策だとは思えない」と述べた。

原題:Fed’s Fisher Says Excessively Big Banks Can Lose Risk Focus(抜粋)

--取材協力:Barbara J Powell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE