【日本株週間展望】日経平均9000円軸に乱高下、欧州や為替動向注視

5月第3週(14-18日)の日本株 相場は、日経平均株価が9000円を軸に値動きの荒い展開となりそうだ。 直近の株価下落に対する一時的な反動は見込まれるものの、ギリシャ やスペインなど欧州債務問題の再燃、為替の円高進行に警戒感は根強 く、市場参加者の間でリスク回避の動きは継続する。

三菱UFJ投信運用戦略部の宮崎高志副部長は、「ファンダメンタ ルズに変化はないものの、仮にギリシャがユーロ離脱となればもう一 段の株安の懸念が出てくる」とし、欧州債務問題の先行きがもう少し 見通せるまで、短期的には模様眺めが続きそうと予想した。

第2週の日経平均株価は前の週に比べ4.6%安の8953円で終え、 約3カ月ぶりに9000円を割り込んだ。週間では6週連続の下落。6日 に行われたギリシャの総選挙で、同国への救済策合意に反対する政党 が躍進、その後の連立政権樹立に向けた交渉の難航が響いた。

ギリシャの政局混迷ぶりは深刻で、第1党となった新民主主義党 のサマラス党首が7日に連立樹立を諦め、第2党の急進左派連合も同 様に失敗。第3党の全ギリシャ社会主義運動も政権誕生にこぎ着けら れなければ、6月にも再選挙の実施を余儀なくされる可能性がある。

ギリシャでの再選挙の有無は、遅くとも第3週前半には明確にな りそう。再選挙となれば、同国に対する第2次支援決定の際に欧州連 合(EU)、欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)のいわ ゆる「トロイカ」と結んだ取り決めの実効性が焦点になる。救済合意 や労働改革、年金削減などの撤回を目指す急進左派連合が第1党とな れば、ユーロ離脱リスクが再浮上する恐れがある。

ユーロ圏財務相会合が開催

そうした中、14日にユーロ圏財務相会合、15日にはEU財務相会 合が開催予定。ドイツのメルケル首相は独紙パッサウ・ノイエ・プレ ッセとのインタビューで、ギリシャのユーロ圏残留を望んでいると表 明し、救済に必要な緊縮財政策を着実に実行するよう同国指導者らに 求めた。現時点では「危機回避に向けた良いメッセージが出るとは思 えない」と、三菱UFJ投信の宮崎氏は言う。

JPモルガン証券の足立正道シニアエコノミストは、ギリシャが ユーロ圏から離脱する事態になれば、「ギリシャへの債権の大部分がデ フォルト(債務不履行)する可能性が高く、欧州発の金融危機の可能 性が高まる」と指摘。現状、ユーロ離脱を予想する向きは少数派だが、 万一の場合の影響は大きいだけにギリシャ動向にマーケットは過敏に なっている。

スペイン動向や銀行格下げも警戒材料

さらに、スペインの不良債権に対する不安もくすぶっている。ス ペイン政府は銀行に不良債権引当金を540億ユーロ(約5兆5700億円) 積み増し、1660億ユーロにすることを求めた。ただ、引当額は依然少 ないとみられており、ロイヤル・バンク・オブ・カナダのアナリスト であるパトリック・リー氏は、スペインが「外部からの支援なしに銀 行問題を解決できるとは思えない」と話す。

欧州問題が重しとなり、為替市場では円がユーロやドルに対し高 止まっている。一方、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・ サービスは今月、銀行100行余りの格付け引き下げを開始する予定。 対象行は資金調達コストが押し上げられ、融資抑制を余儀なくされる 恐れがあるため、経済成長にとっても脅威だ。

プリンシパル・グローバル・インベスターズの板垣均社長は、「海 外で何かあれば、安全資産として円が買われる。日本株のフェアバリ ューはもう少し上だが、為替との連動性が高いため、円高になるとど うしようもない」と述べ、流動性の供給を渋る日本銀行の姿勢を考慮 すると、円安になる材料は乏しいとしている。

短期売られ過ぎやバリュエーション支え

もっとも下値では、短期的な売られ過ぎ感やバリュエーションの 割安感が支えとなりそうだ。日経平均とTOPIXはともに3月27 日高値から11日まで13%下落(11日のTOPIX終値は758ポイン ト)した。メリルリンチ日本証券の菊地正俊チーフ株式ストラテジス トは、6月末まで底ばいが続くと予想しながらも、「テクニカルや株価 純資産倍率(PBR)0.95の観点で、TOPIX750ポイント辺りが 目先の下値めど」とみている。

日程面では、米国で15日に5月のニューヨーク連銀景況指数、16 日に4月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録、17日に5月の フィラデルフィア連銀景況指数が公表予定。4月の雇用統計で高まっ た米景気減速懸念に対し、足元の製造業の状況が注目されそう。

このほか、株式需給面では日本時間16日早朝に株価指数MSCI の定期見直しが発表される。メリルリンチ日本証券では、新規採用候 補としてネクソンや阪急阪神ホールディングス、除外候補として日本 板硝子や日新製鋼、川崎汽船、東ソーなどを予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE