コンテンツにスキップする

今日の国内市況(5月11日):株式、債券、為替市場

きょうの国内市場の株式、債券、為替相場は 以下の通り。

●日経平均3カ月ぶり9000円割れ、米銀動向や中国警戒-ソニー急落

東京株式相場は3日続落し、日経平均株価は終値で約3カ月ぶり に9000円を下回った。米銀JPモルガン・チェースが多額の損失を計 上したことが分かり、米国株先物が時間外取引で下げたため、日本時 間今夜の米国株安に警戒感が浮上。また、物価指数の伸び率鈍化で中 国経済の減速傾向も嫌気された。

日経平均株価の終値は前日比56円34銭(0.6%)安の8953円31 銭と2月10日以来の安値水準。TOPIXは同7.04ポイント(0.9%) 安の758.38と同1日以来の安値となった。両指数とも小高く始まった ものの、買いは続かず、午後はじりじりと下げた。

明治安田アセットマネジメントの植草博幸トレーディング部長は、 決算発表を受け個別銘柄が選別されており、「買われる銘柄と売られる ものの2極化が進んでいる」と指摘。ソニー、パナソニック、ソニー、 任天堂がそろって52週安値を更新したことは、当該銘柄だけの下げに とどまらず、「市場参加者の心理にネガティブ」に作用したと言う。

●債券反発、中長期金利は今週の最低に並ぶ-現物債取引が一時停止

債券相場は反発。米債安や高値警戒感から売りが先行したが、国 内株安や底堅い債券需要が支援材料となった。中長期金利は今週付け た約1年7か月ぶり低水準に並ぶ一方、超長期債は上値が重かった。 午後には現物債の取引がシステム障害で一時停止される場面があった。

JPモルガン・アセット・マネジメントの塚谷厳治債券運用部長 は「ここ数日は銀行勢の益出し売りが出たが、その後は値を戻してい る。ギリシャなど欧州債務問題などに加え、株価が午後に下落に転じ たことが支えとなっているのだろう」と話した。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物の322回債利回り は午後3時過ぎに一時0.845%に低下。5年物の103回債利回りは

0.24%まで下げ、ともに9日に付けた2010年10月以来の低水準に並 んだ。

●ユーロが3カ月半ぶり安値、ギリシャ情勢重し-ドル・円79円後半

東京外国為替市場では、ユーロ・ドル相場が約3カ月半ぶりの安 値を更新した。総選挙後のギリシャで新政権の連立交渉をめぐる情勢 が引き続き不透明な中、ユーロ売り圧力がかかりやすい展開が続いた。

ユーロは一時1ユーロ=1.2905ドルと、1月23日以来の水準ま で下値を切り下げた。ユーロ・円相場は1ユーロ=103円台前半を中 心に取引され、午後には一時102円97銭までユーロ安・円高が進んだ。

外為オンライン情報サービス室の佐藤正和顧問は、ギリシャが財 政再建を進められるかどうかがポイントとなる中、今後への不安が根 強く、「それほど安心してユーロを買える状況には程遠い」と指摘。加 えて、マスマーケット(大量消費市場)の中国とインドで経済指標が 弱含みとなり、世界景気の先行きにも警戒感が生じやすく、「リスクオ フ(回避)という状況になりかねない」とも言う。

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 山中英典 Hidenori Yamanaka +81-3-3201-8347 h.y@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Brian Fowler +81-3-3201-8891 bfowler4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE