インド:3月の鉱工業生産指数、前年同月比3.5%低下-予想外

インドの3月の鉱工業生産は、予想 外の低下となった。内需減速と輸出鈍化が同国経済に打撃を与えてい る。

インド中央統計機構が11日発表した3月の鉱工業生産指数は前年同 月比3.5%低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト32 人の予想中央値では、1.7%の伸びが見込まれていた。2月は4.1%上昇 だった。

今回の統計結果を受け、貿易・財政赤字や政治的対立、長引くイン フレ、欧州債務危機に伴う世界の成長への脅威により、インドの見通し が悪化しているとの懸念がかき立てられる恐れがある。

野村ホールディングスのエコノミスト、ソナル・バルマ氏(ムンバ イ在勤)は統計発表前に、「インド経済は減速しつつある」と指摘。 「政府が財政赤字を削減し、改革を推進できなければ、同国の潜在成長 率はさらに低下しかねない」との見方を示した。

原題:India’s Industrial Production Unexpectedly Contracted in March(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE