コンテンツにスキップする

国際帝石:中長期の投資は増資想定せず-発電事業に意欲

国際石油開発帝石は11日、今後の成 長戦略を定める中長期ビジョンを発表し、今後5年間で3.5兆円、さら にその後の10年間で6兆円を探鉱や開発に投資する方針を明らかにし た。新規鉱区の取得を加速し、原油や天然ガスの生産量を拡大する。

国際帝石の北村俊昭社長は都内で会見し、投資に必要な資金の調達 方法について、「増資は想定していない。プロジェクトからの回収と借 り入れで賄う」との方針を示した。自己資本比率50%以上、純有利子負 債は20%以下という目標は今後も堅持するという。

中長期ビジョンには、積極的に資産買収やM&A(企業の合併・買 収)を実施し、2020年代前半に生産量を日量100万バレルに引き上げる ことも盛り込んだ。現在同40万バレルの生産量を2.5倍にする考えだ。 新規の開発案件に関する情報収集の強化や意思決定のスピードを加速す るため、新規プロジェクト部門を設置する計画も示した。北村氏は「今 までそういった組織がなく、縦割りでやっていた面が強い。新規の案件 を専門に扱う組織になる」と説明した。

北村氏によると、同社が昨年カナダの石油・天然ガス開発会社ネク センから権益を取得したブリティッシュ・コロンビア州のホーンリバー 鉱区では「20年前後にピークで日量20万バレル規模の生産を計画してい る」という。この生産量であれば、ガスの液化設備などに多額の投資が 必要な液化天然ガス(LNG)として輸出することが可能になる。北村 氏は「日本やアジアに供給することを検討している」と話した。

国内のガス供給量は現在の17億立方メートルから、20年代前半まで に25億立方メートルと約50%増を見込む。北村氏は、同社はあくまでも 資源の一次供給者と強調したうえで、国内LNG火力発電事業につい て、「共同で検討しようというような要請があれば、自前のLNGを持 っているので、そうった企業の特性を生かせる形であれば検討すること はある」との可能性を示唆した。

LNGのプロジェクトを推し進める上では一定の需要を確保するこ とが条件となることから、開発事業の拡大を後押しする効果を見込める という。しかし、候補地など具体的なことは未定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE