NY連銀、AIG救済時に取得したCDOをBOAに売却

米ニューヨーク連銀は、米保険会社 アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)を救済した際に 取得した2つの債務担保証券(CDO)の一部を米銀バンク・オブ・ア メリカ(BOA)に売却したと発表した。

同連銀のダドリー総裁はウェブサイトに掲載した発表資料で、 CDOの落札額は同連銀が取得した金額を「大幅に上回っている」と指 摘。「こうした資産に引き続き需要があることを証明」しており、国民 の利益といった観点からも良い条件だったと説明した。

同連銀は4日、住宅ローン担保証券(RMBS)を裏付けとする「 TriaxxCDO」の入札にブローカーディーラー9社を招いたと発 表。これらCDOは、2008年のAIG救済のために組成された「メイデ ン・レーンIII」が保有していた。同連銀によると、買い取りを希望 する申し入れが事前にあったという。

ニューヨーク連銀は今年、AIG救済時に取得した証券を需要に応 えて売却している。バークレイズとドイツ銀行は先月、商業用不動産ロ ーンに関連する75億ドル(約6000億円)相当のCDOをニューヨーク連 銀から購入している。

原題:Fed Sells CDO Securities From AIG Rescue to Bank of America (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE