コンテンツにスキップする

米フェイスブックのIPO、960億ドルは過大評価-BN調査

米フェイスブックは最大960億ドル (約7兆6700億円)規模の新規株式公開(IPO)の来週実施を目指し ているが、投資家は同社の企業価値が過大評価されていると考えている ことがブルームバーグの調査で明らかになった。

ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)最大手である同社 について、回答者の79%がそこまで高い株価評価に値しないとの見方を 示し、同社の成長先細りをめぐる懸念が浮き彫りとなった。適正価値と の回答はわずか7%で、3%が過小評価だと答えた。分からないとの回 答は11%だった。

ブルームバーグ・グローバル・ポールはブルームバーグ端末を利用 している投資家やアナリスト、トレーダーら1253人を対象に8日行われ た。調査はアイオワ州デモインに本社を置くセルツァーが実施した。誤 差率はプラスマイナス2.8ポイント。

オッペンハイマーの投資ディレクター、ボブ・リッチ氏はフェイス ブックについて、同社はコミュニケーション・写真共有のツールのおか げで9億人のユーザーを集めたものの、競合する新たなソーシャルメデ ィアを運営する新興企業に利用者を奪われかねないと指摘する。1株当 たり28-35ドルの仮条件の上限でIPOが実施された場合、株価収益率 (PER)は99倍と、S&P500種構成企業の99%を上回ることにな る。

調査対象の投資家の1人であるリッチ氏は「ばかげた評価額であ り、私なら顧客の資金を近づけたりしない」と述べた。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、フェイスブックが目指 す株価評価は売上高の24倍と、競合する米グーグルの5倍を大きく上回 る。

事情に詳しい複数の関係者が10日語ったところでは、フェイスブッ クのIPOに対する機関投資家の需要はこれまでのところ見通しを下回 っている。同社の成長見通しが懸念されているという。

2011年1月時点では、投資家の69%がフェイスブックの企業価値 を500億ドルと評価するのは過大との見方を示していた。

原題:Facebook IPO Overvalued at $96 Billion in Global Investors’ Poll(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE