コンテンツにスキップする

ECBノボトニー氏:救済を受けた国は「最大限の努力」必要

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、オーストリア中央銀行のノボトニー総裁は10日、救済を受け た欧州の国は財政状況の改善に向けて「最大限の努力」をする必要があ ると述べた。

同総裁はウィーンで、欧州では困難に見舞われた国々に資金が提供 され救済パッケージにおける幅広い結束が見られるものの、それにはま た「支援を受けた国が財政状況を改善するために最大限努力する意志が 込められている」と語った。

その上で同総裁は「有権者の大半が最終的にこうした決定を支持す ることが極めて重要だ」とし、「国民の支持を得られない救済パッケー ジや政府間支援は、間違いなく政情の不安定化につながる」との認識を 示した。

原題:ECB’s Nowotny Says Aid Countries Need to Make ‘Maximum Effort’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE