コンテンツにスキップする

4月の英消費者信頼感:低下、景気低迷で-ネーションワイド

英国の4月の消費者信頼感指数は低 下した。景気が二番底に陥ったことから、今後も下がる可能性があると 英住宅金融会社ネーションワイド・ビルディング・ソサエティーはみて いる。

ネーションワイドが11日に電子メールで配布した資料によると、4 月の消費者信頼感指数は44と、3月の53から低下。景気見通しを示す期 待指数も60と、前月の73から下がった。今回の調査は、2四半期連続の マイナス成長となった1-3月(第1四半期)の英国内総生産 (GDP)速報値(季節調整済み)が4月25日に発表される前に行われ た。

ネーションワイドのチーフエコノミスト、ロバート・ガードナー氏 は、信頼感指数は「英消費者の警戒感が続いている」ことを示している と指摘。「景気が過去6カ月に縮小し、労働市場の状況がいまだに弱い ことを考えると、信頼感指数が依然として不安定なことは驚きではな い」と述べた。

景気の現状に対する見方を示す現況指数は21と、3月の24から低 下。消費意欲を示す指数も86から75に下がった。

原題:U.K. Consumer Confidence Declines on Weak Economy, Jobs Outlook(抜粋)

--取材協力:Mark Evans.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE