欧州株:続伸、米消費者マインド予想上回る-ミシュラン高い

11日の欧州株式相場は続伸。ストッ クス欧州600指数は一時下落したものの、その後反発した。5月の米消 費者マインド指数が4年ぶり高水準に達したことや、ギリシャで連立政 権樹立の動きが続いていることが背景。

フランスのタイヤメーカー、ミシュランは3.7%上昇。2012年営業 利益が「大きく伸びる」との見通しが好感された。スペインでディスカ ウント店を展開するディストリブイドラ・インテルナシオナル・デ・ア リメンタシオン(DIA)も上昇。四半期利益が予想以上だったことが 買い材料。仏鋼管大手バローレックは1-3月期減益が嫌気され、少な くとも1989年以来の大幅安となった。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%高の251.97で終了。一時 は1.2%下げた。週間ベースでは0.4%安で、2週続落となった。年初来 では3%上昇している。

インターブローカーズ・エスパニョーラ(バルセロナ)のトレーダ ー、ルイス・ベンゲレル氏は「米経済データが、マクロ面で極めて悪い 週となったであろう欧州のセンチメントを若干和らげた」と述べ、「ギ リシャは瀬戸際にあるようだ。政権樹立に向けて協議が進行中というち ょっとした事実に勇気付けられるものだ」と続けた。

この日発表された5月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者 マインド指数(速報値)は77.8と、前月の76.4から上昇。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は76.0だった。

6日の総選挙で第3党となった全ギリシャ社会主義運動 (PASOK)のベニゼロス党首は、挙国一致内閣を樹立し再選挙を回 避するよう提案している。

原題:European Stocks Gain as U.S. Consumer Sentiment Tops Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE