コンテンツにスキップする

ギリシャ債:15日期限の償還実施は政府次第-EU当局者

欧州連合(EU)当局者は10日、ギ リシャの債務減免合意を拒否した投資家が保有し、来週期限を迎える4 億3600万ユーロ(約450億円)の変動利付債について、償還を実施する かどうか決定するのは同国政府だと指摘した。

同当局者は、ギリシャが決定を下したかどうかは分からないと述べ るとともに、偶然にも償還期限の15日は、EU財務相理事会の開催日と 重なっていると述べた。匿名を条件にブリュッセルで記者団に話した。

この債券は、外国法に準拠した約70億ユーロの債券の1つ。こうし た債券の保有者は、債務再編合意より良い条件を求めている。全額返済 すれば、ギリシャの債務交換で損失を被った投資家の怒りを買う見込み だが返済しなければデフォルト(債務不履行)と見なされる可能性があ る。

同当局者は、1300億ユーロの支援策の大枠についてEUや国際通貨 基金(IMF)と再交渉することはできないと発言した。

原題:Greek May 15 Bond Redemption Is Government’s Call, EU Aide Says(抜粋)

--取材協力:Rebecca Christie、John Glover.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE