コンテンツにスキップする

NY銅:0.8%高の1ポンド=3.6905ドル-ギリシャへの懸念緩和で

10日のニューヨーク銅先物相場は3 日ぶりに上昇。ギリシャの政党間で組閣への努力が続いていることに加 え、米新規失業保険申請件数が減少し、世界の経済成長と商品需要が低 迷するとの懸念が和らいだ。

全ギリシャ社会主義運動(PASOK)のベニゼロス党首は同国が ユーロ圏に残留することを確実にする政権を樹立することが目標だと語 った。米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済 み)は前週比1000件減の36万7000件と、1カ月ぶりの低水準となった。

ゼイナー・グループ(シカゴ)の市場担当シニアストラテジスト、 デニス・カジガス氏は電話インタビューで、「米新規失業保険申請件数 もまずまずの内容だった」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 7月限は前日比0.8%高の1ポンド=3.6905ドルで終了。前日は約3週 間ぶりの安値を付けていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE