ギリシャのユーロ離脱の確率「かなりある」-ファーバー氏

ニュースレター「グルーム・ブー ム・アンド・ドゥーム」を発行するファンドマネジャー、マーク・ファ ーバー氏はギリシャがユーロ圏を離れる「確率はかなりある」との見方 を示した。

ファーバー氏は10日、ブルームバーグテレビジョンの番組「イン・ ザ・ループ」で、「3年前にユーロ参加国がギリシャを追い出していれ ば良かったのだ。そうすれば、ここまでひどい苦痛を感じずに済んだだ ろう」と述べ、「救済の結果、問題はひたすら大きくなってしまった」 と付け加えた。

さらに、債務まみれのギリシャがユーロ参加をやめれば、ユーロ圏 全体と「ギリシャにとって、ずっと良いだろう」とも語り、ユーロを国 際的に通用する通貨として引き続き利用しながら各国は自国通貨に戻る という「ユーロ圏全体の解体が最善だ」と言明。「ドルを持っていれ ば、どこでも支払い可能という中南米を旅行するときと同じやり方だ」 と説明した。

原題:Faber Says There’s a ‘Very Good Chance’ of Greece Leaving Euro(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE