米輸入物価指数:4月は前月比0.5%低下、燃料価格の下落で

4月の米輸入物価指数は市場予想以 上に低下した。燃料価格の下落が反映された。

米労働省が発表した4月の輸入物価指数は前月比0.5%低下した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は0.2%低下だった。前月は1.5%上昇と、速報値の1.3%上昇から上方 修正された。

4月の輸入物価指数は前年同月比で0.5%上昇と、2009年10月に低 下を示して以来最も小さい伸びにとどまった。3月には前年同月比 で3.6%上昇していた。

項目別に見ると、4月の燃料を除く輸入物価指数は前月比0.1%上 昇した。燃料価格は前月比で2.1%低下。前年同月比では1.7%低下 と、2009年10月以来初のマイナスを記録した。

食品は前月比0.1%上昇と、3月の1.8%上昇から大幅に鈍化した。

自動車・部品は4月に前月比0.4%上昇と、昨年6月以来の大幅な 上昇だった。資本財は前月からほぼ変わらず。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・ スウィート氏は統計発表前に、「インフレは目下の懸念事項ではない」 とし、「米連邦準備制度は燃料価格の影響を一時的なものと見ており、 これまでのところ予想に沿った展開になっている。原油価格は今月大き く下げ、消費者物価指数の上昇が抑えられた」と述べた。

覧ください。

原題:U.S. Import Prices Decreased 0.5% in April on Cheaper Fuel (抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE