米大統領の同性婚支持、敵も味方も歓迎-激戦州ではリスクに

オバマ米大統領が同性婚支持を明確 に示したことを受け、人種差別撤廃を求め公民権運動を進めたキング牧 師がかつて説教していたアトランタのエベニーザー・バプテスト教会に 集う人々は、この新たな権利に反対する宗教的伝統を重視することにし た。一方、同性愛者に寛容なことで知られるサンフランシスコでは、大 統領の発言はシャンパンで歓迎された。

大統領がインタビュー通じ同性同士の結婚への支持を初めて表明し た9日の全米各地でのインタビューでは、この問題をめぐってさまざま な見方があることが浮き彫りになった。10年足らずの間に大きく取り上 げられるようになった同性婚に関しては、同性愛者への理解が深まる一 方で、根深い反対もあり、その対立が顕著になっている。

ボルティモアのトラック運転手、ライアン・エバンスさん(34) は、「聖書には男性同士、女性同士では結婚できないと書いてあり、正 しいことだとは思わない」としながらも、「新しい時代だ。そうしたい なら、認めてあげればいい」と話した。

オバマ大統領の支持者も反対する人々も共に、大統領が同性婚につ いての姿勢を鮮明にしたことを歓迎している。共和党の大統領候補指名 が確実なミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事はあらためて同性 婚への反対を表明し、オバマ大統領とは対照的な姿勢を示した。

オバマ大統領は2008年の大統領選挙では、同性婚に反対していた。 ノースカロライナ州では8日、結婚を男女間の契約と定義する憲法修正 案が認められた。コロラド州の共和党は同性婚を認める法案を葬り去っ た。大統領選での激戦が見込まれる各州では、同性婚支持の発言が大統 領にとって政治的リスクとなっている。

原題:Obama’s Declaration on Gay Marriage Welcomed by Friends, Foes(抜粋)

--取材協力:Esme E. Deprez、Alison Vekshin、Henry Goldman、Darrell Preston、Michael C. Bender、Chris Christoff、Elise Young.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE