【コラム】原発めぐる国民の怒り、政府は気付いているのか

世界最悪の仕事を選ぶコンテストが あれば、東京電力の次期社長に内定した広瀬直己常務が大差で選ばれる だろう。

福島第一原子力発電所を運営する東電の無能、怠慢、慢心がチェル ノブイリ以来最悪の原発危機を日本にもたらした。2011年3月11日の東 日本大震災とそれに伴う大津波に先立ち、東電が安全性を確保しておか なったことが、福島第一原発での放射能漏れ事故の原因だ。「東電」は 日本では決定的な禁句となってしまった。

広瀬氏は8日、記者団から次期社長を引き受けた理由を問われ、個 人的に東電が好きだからと答えた。今の状況で東電を見捨てるのは耐え 難いのだという。

もっと耐え難いことがある。東電の反省のなさと原子力関連のあら ゆることを東電が無鉄砲にも支持していることだ。だが幸いにも、総じ て従順な日本の国民と一部の人気政治家が反撃し、原発抜きの未来を求 めている。

北海道電力は5日、定期検査のため泊原発3号機を停止した。これ に伴い国内全ての原子炉の運転が42年ぶりに止まった。どこであろうと 国内の原発を再稼働する際には、国民から激しい反発と抗議を受けるこ とになる。

日本はいずれ一部の原発を再稼働することになるだろう。原発業界 への支持を覆していたら野田佳彦首相の現在はなかった。同業界は気前 の良い献金や新聞・雑誌広告への安定的な貢献、役人の天下り先確保を 通じ、長期にわたる白紙委任状を得ているからだ。

短絡的

だが、日本人が急速に我慢の限界に近づいているのも事実だ。安全 な未来につながるなら、多くの国民は割高な電力料金や昨夏のような停 電が繰り返されることを受け入れる気があるようにも見える。つまり、 世界有数の地震地帯で巨大な衝撃吸収装置の上にゴム製の原子炉を建設 するのでなければ、代替エネルギーを早急に見いだす必要があるという の国民の感覚だ。

橋本徹大阪市長ら地方のリーダーも抵抗している。強固な中央集権 が続く日本で、国民は日常生活への政府の介入を長く容認してきたが、 こうした姿勢も政府が短絡的に原発稼働再開に動いているおかげで変わ りつつある。日本政府は国民の声を聴いているのだろうか。危険を承知 で政府は高まる国民の怒りに耳をふさぐごうとしている。 (ウィリアム・ペセック)

(ペセック氏はブルームバーグ・ビューのコラムニストです。この コラムの内容は同氏自身の見解です)

原題:Japan Is Without Nuclear Power, and Could Stay That Way

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE