ブラジル株:ボベスパは続落-欧州債務懸念やインフレ加速で

9日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が続落。ギリシャ政治の行き詰まり状態を受けて、欧州 債務危機が悪化するとの懸念が強まったほか、ブラジルの4月の消費者 物価が予想以上に上昇した。

オンライン小売りのB2Wコンパニア・グローバル・ド・バレジョ は5.3%下落。1-3月(第1四半期)決算が、アナリストの予想を上 回る赤字となったことが嫌気された。親会社のロジャス・アメリカナス は1.7%高。一時は3.4%下げる場面があった。原油安を背景に石油会社 OGXペトロリオ・エ・ガス・パルチシパソンエスは2.7%値下がり し、ボベスパの下落に最も響いた。

ボベスパ指数は前日比1%安の59786.12で終了。指数構成銘柄のう ち下落が44銘柄、上昇は21銘柄。通貨レアルは1.5%安の1ドル =1.9699レアル。

レガン・アドミニストラサン・ジ・レクルソス(サンパウロ)の運 用担当者ファウスト・ゴウベイア氏は電話取材で、「市場はギリシャが デフォルト(債務不履行)状態となる可能性を織り込みつつある」と指 摘。インフレについては特にレアル安が今後、輸入価格に及ぼしかねな い影響を考えると注視する必要があると述べた。

この日発表されたブラジルの4月の拡大消費者物価指数 (IPCA)は前月比0.64%上昇と、ブルームバーグがまとめたアナリ スト47人の予想中央値(0.59%上昇)を上回り、前月の同0.21%上昇か ら伸びが加速した。前年同月比では5.10%上昇と、3月の同5.24%から 伸びが鈍化した。ブラジル中央銀行はインフレ目標を4.5%プラスマイ ナス2ポイントに設定している。

原題:Bovespa Drops on Europe Debt Concern, Faster Brazil Inflation(抜粋)

--取材協力:Michael Patterson、Ye Xie、Denyse Godoy.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE