ミネアポリス連銀総裁:金融当局は政策決定をよりオープンに

米ミネアポリス連銀のコチャラコタ 総裁は金融当局の政策決定をもっと公にすると同時に、経済に起こり得 る様々な変化に対してどう対応するか詳細を示す必要があると述べた。

コチャラコタ総裁は9日、ミネアポリスで講演。講演原稿による と、「米連邦公開市場委員会(FOMC)のコミュニケーションが最近 改善したことについてわれわれは胸を張ってもよいと考えるが、まだで きることがある」と述べ、「コミュニケーションはいつの時代も重要だ が、今日においては特に大切だ」と続けた。

同総裁はさらに、「現在の金融緩和策に変化を加える方法の一つに は、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標がこの先どれくらい低水 準を維持するのか、また利上げに踏み切る場合にはどの程度のペースで 引き上げるかといったことに対する国民の期待に影響を及ぼすことだ」 と述べた。

原題:Kocherlakota Says Fed Should Be More Open About Monetary Policy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE