米社債保証コスト上昇、ギリシャの政治的混乱で-CDS取引

8日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが4営業日連続で 上昇。ギリシャでは総選挙後の連立工作が難航しており、同国の債務危 機への対応に懸念が強まった。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後5時10分(日本時間9日午前6時10分)現在、1.1ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の101bp。

ギリシャ総選挙で第2党となり、政権樹立を委ねられた急進左派連 合(SYRIZA)は、国際支援の条件を再交渉すると表明している。 同国は今年に入り、緊縮財政策と経済改革の実施を約束し、救済資金を 獲得している。

原題:Company Default Swaps in U.S. Rise on Greek Political Tumult(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE