ギリシャ株が20年ぶり安値、連立協議が難航-年初来8.8%下落

8日のギリシャ株式相場は大幅下落 し、20年ぶりの安値となった。ユーロ加盟国としての立場に疑問が提起 された選挙結果を受け、同国の政党指導者らは前日に続いて連立協議を 実施している。

ギリシャ・ナショナル銀行(NBG)は8.4%安と特に下げがきつ い。電力会社のパブリック・パワーは7.9%急落。

ギリシャ株の指標であるアテネ総合指数は前日比3.6%安の620.54 で終了。1992年11月以来の安値となった。同指数は年初から8.8%下落 と、ブルームバーグが調査する先進24カ国の株価指数では下落率2位と なっている。

原題:Greek Stocks Sink to Two-Decade Low on Government Talks Impasse(抜粋)

--取材協力:Maria Petrakis、Natalie Weeks.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE