ギリシャ総選挙結果は救済合意への反対票-SYRIZA党首

6日のギリシャ総選挙で第2党とな った急進左翼連合(SYRIZA)のアレクシス・ツィプラス党首は、 同国のパプリアス大統領から連立樹立の責務を委ねられたことを受け、 左派政党の連立政権樹立の計画を推し進める方針を示した。

ツィプラス党首は、国際支援の条件である緊縮措置を支持してきた 新民主主義党(ND)および全ギリシャ社会主義運動(PASOK)と 連立を組むことには同意しないと言明。両党党首に対し、9日の連立協 議までに書面で、救済条件実行の公約を撤回するよう求めた。

左派連立政府は成長促進に向け銀行を国有化し、最近の労働改革を 無効とするほか、救済合意を即時取り消すとツィプラス党首は表明。

同党首は国営NETテレビで生中継された演説で「ギリシャの選挙 結果は野蛮な救済への反対票だった」と指摘。「110億ユーロ(約1 兆1400億円)の追加緊縮措置は実施されない。15万人の雇用削減もな い」と述べた。

原題:Tsipras Says Greek Results Makes Bailout Accord Null and Void(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE