ミャンマー、国際決済・送金制限を13年末までに撤廃-IMF

国際通貨基金(IMF)は、ミャン マーが2013年末までに国際決済・送金の制限を撤廃する計画であること を明らかにした。

IMFの報告書によれば、通貨チャットの管理変動相場制を先月導 入したミャンマー政府は、チャット相場の統一を同年末までに、制限撤 廃計画を12年半ばまでに準備すると見込んでいる。ミャンマーは「広範 で大きな」改革が必要で、適切なペースで改革を進めるべきだとしてい る。

ミャンマー中央銀行は35年続いたチャットの固定相場制度を4月に 廃止。1年前のテイン・セイン大統領就任後、多重為替レートの統一を 図った最大の金融市場政策の変更となった。ミャンマーが管理変動相場 に移行したことで、闇の金融市場の勢力が弱まる可能性がある。

IMFは以前の制度について、「取引コストを高め、外国からの直 接投資と貿易を阻害し、無認可の活動を促すもので、ミャンマー通貨の 上昇圧力をもたらしていた」と説明。「ミャンマーはIMFの支援を受 け、目標としている13年末を前に関連する全ての為替制限と多重為替取 引の廃止を含め為替レートの統一を完了する計画だ」と指摘した。

原題:IMF Says Myanmar Plans to Remove Kyat Constraints by End-2013(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE