バイトマン独連銀総裁:金融政策は万能薬ではない-FT寄稿

ドイツ連邦銀行(中央銀行)のバイ トマン総裁は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)への寄稿で、金融 危機に対処するためのユーロ圏の緊急措置が「持続不可能な状態を維持 する上で都合の良い鎮痛剤となってはならない」との見解を示した。

バイトマン総裁は寄稿で、中銀の能力は「無限ではない」とし、 「取り得るリスクには明らかに限りがある」と説明した。

また金融政策は「万能薬ではない」と指摘。安定重視の金融政策の ルールに従うことは「過度の法律尊重主義」というのではなく、「欧州 市民が通貨同盟を受け入れる上での鍵となる」と付け加えた。

公的資金での銀行救済については、「各国の議会によって」のみ決 定が可能だと記した。

原題:Monetary Policy Not Cure-All, Bundesbank’s Weidmann Writes in FT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE