ソーシャルゲーム国内最大手ディー ・エヌ・エー(DeNA)と同2位グリーがともにストップ安(値幅制 限いっぱいの下落)。消費者庁が両社のゲームの一部が景品表示法で禁 じる懸賞に当たると判断した、との報道が手掛かり。

終値はDeNAが前営業日比500円(20%)安の1990円、グリー 株も同500円(23%)安の1651円。値下がり率は時価総額500億円以 上の国内銘柄としてはグリーが首位で、DeNAが2位だった。

5日付の読売新聞朝刊は、特定のカードをそろえると希少アイテム を入手可能な「コンプリート(コンプ)ガチャ」という仕組みが、景表 法が禁じる「カード合わせ」の手法に該当すると消費者庁が判断し、近 くゲーム会社に中止を要請する、と報じた。DeNA広報担当の秋山知 之氏、グリー広報の入山真一氏は、報道へのコメントを避けた。

同庁表示対策課の片桐一幸課長はブルームバーグ・ニュースの電話 取材に「コンプガチャは景表法違反の方向で検討している。近く見解を 公表する」と述べた。コンプガチャ中止の要請先は未定としている。

コンプガチャを採用している人気ゲームには、DeNAの「怪盗ロ ワイヤル」やグリーの「探検ドリランド」などがある。東海東京証券の 仙石誠マーケットアナリストは、同庁から要請があれば、「ソーシャル ゲームメーカーの収益の柱が崩れてしまう」とコメントしている。

同じくソーシャルゲームを提供するKLab(クラブ)は7日、コ ンプガチャ中止の要請があった場合は「全面的に従う」と発表。コンプ ガチャに代わるシステムを導入した場合の売り上げ減は「5%以下」に とどまるとの試算を示した。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE