Euro Drops to 3-Month Low After Greek, French Elections

更新日時

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロが約3カ月ぶり安値に下落した。フランス大統領選でフランソワ・ オランド氏が当選したほか、ギリシャ総選挙では救済措置に反対する政 党が票を集め、欧州の財政緊縮の取り組みが頓挫しかねないとの懸念が 高まった。

ユーロは6営業日続落し、昨年9月以降で最長の連続安。7日は一 時1%安を付ける場面も見られたがその後、下げ幅を縮小した。フラン スで17年ぶりの社会党大統領となるオランド氏は、欧州の緊縮財政の緩 和と域内経済成長の後押しを公約。円は取引通貨の大半に対して下げ た。株式相場が上昇しリスク資産を求める動きが強まったことが背景。

GFTフォレックスの通貨調査担当ディレクター、キャシー・リー ン氏(ニューヨーク在勤)はフランスの大統領選について、「フランス にとって重要な出来事であり、今週のユーロ相場にとって重しとなり、 大きく値を戻すことはないだろう」と予想。「欧州中央銀行(ECB) に対しては、成長重視の視点が欠落していることに思いを到らせる機会 になるだろう」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時12分現在、ユーロはドルに対して前週末 比0.2%安の1ユーロ=1.3064ドル。一時1.2955ドルと、1月25日以来 の安値を付けた。円に対しては0.1%下げて1ユーロ=104円43銭。ドル は対円で0.1%高の1ドル=79円94銭となっている。

原題:Euro Falls to 3-Month Low as French, Greeks Vote Anti-Austerity(抜粋)

--取材協力:Masaki Kondo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE