日銀4月議事要旨:物価1%を早期に実現し結果を

日本銀行は7日午前、4月9、10日 に開いた金融政策決定会合の議事要旨を公表した。それによると、内閣 府の出席者が「当面目指すことにしている消費者物価上昇率1%をまず は早期に実現し、結果を出すことが極めて重要である」と主張していた ことが分かった。

一方、前回3月会合で追加緩和を主張した宮尾龍蔵審議委員が4月 会合で同提案を取り下げた理由についてはまったく記述されていなかっ た。

日銀は同日の会合で、全員一致で金融政策運営方針の現状維持を決 定。このほか、成長基盤を強化するための資金供給(成長支援資金供 給)について、日銀保有の米ドル資金を用いて新たな1兆円の貸付枠を 導入することを正式決定した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE