NY外為(午前):ドルが主要通貨の大半に対し上昇

4日午前のニューヨーク外国為替市 場では、ドルが主要通貨の大半に対して上昇。4月の米雇用統計で雇用 者数の伸びが市場予想を下回ったことから、安全資産とされるドルの需 要が高まった。

ニューヨーク時間午前9時9分現在、ドルは対ユーロで前日 比0.1%未満の上昇となり、1ユーロ=1.3145ドル。対円では0.2%下げ て1ドル=79円99銭。ユーロは対円で0.2%安の1ユーロ=105円23銭。

米労働省がこの日発表した4月の雇用統計によると、非農業部門雇 用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比11万5000人増と、ここ半 年で最も小幅な伸びにとどまった。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト予想の中央値は16万人増だった。家計調査に基づく失業 率は8.1%と、3年ぶり低水準に低下した。

原題:Dollar Gains Versus Most Major Peers as Job Data Trail Forecasts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE