米フェイスブック評価額7兆7000億円-ネット企業最大IPO

ソーシャル・ネットワーク・サービ ス(SNS)最大手である米フェイスブックは3日、新規株式公開 (IPO)の仮条件を発表、自社の企業価値を最大960億ドル(約7 兆7000億円)と評価した。インターネット企業としては史上最大規模の IPOとなる。

当局への届け出によれば、IPOに伴う公募・売り出し株数は約3 億3740万株で、公開価格の仮条件を1株当たり28-35ドルに設定した。 ブルームバーグのデータによれば、公開価格が仮条件の上限となれば、 市場吸収額は118億ドルとなり、現在のインターネット企業IPOの最 高額であるドイツのTオンライン・インターナショナルの29億2000万ユ ーロ(約3080億円)を上回る。TオンラインのIPOは2000年だった。

フェイスブックはマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者 (CEO)とシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)の下、 世界中で9億人以上の利用者を集め、今年3月末までの年間売上高は40 億ドルを突破した。ブルームバーグのデータは、仮条件上限でのフェイ スブックの価値は売上高の24倍と、競合する米グーグルの5倍を大きく 上回ることを示している。

ニューヨークの株式調査会社フュージョンIQのバリー・リットホ ルツCEOは、「引き続き極めて高水準のバリュエーション(株価評 価)だ。これを正当化する高い成長を示すだろう」と述べた。

ブルームバーグのデータによると、フェイスブックは17日に公開価 格を決定する。事情に詳しい関係者は、同社が評価額を最大1000億ドル とすることを検討していると述べていた。この水準ではフェイスブック は売上高がグーグルの10分の1にもかかわらず、グーグルの約半分の時 価総額となる。

投票権

届け出によれば、フェイスブックが1億8000万株を公募するほか、 アクセル・パートナーズやデジタル・スカイ・テクノロジーズなどの既 存株主が1億5740万株を売り出す。ザッカーバーグCEO(27)は保有 株5億3380万株のうち3020万株を放出する。同CEOが保有株売却で得 る純利益の半分以上がストックオプション行使に関連する税金支払いに 充てられるという。

届け出は、ザッカーバーグCEOがIPO後、発行済み資本株式の 投票権の約57%を持つ見込みであることを示している。190万株を持つ サンドバーグCOOはIPOでは保有株を売却しない。

原題:Facebook Valuing Itself at Up to $96 Billion in Internet IPO (1)(抜粋)

--取材協力:Sarah Frier、Ari Levy.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE