ASEANプラス3:資金融通枠2400億ドルへの倍増で合意

東南アジア諸国連合(ASEAN) と日本、中国、韓国(ASEANプラス3)の財務相・中央銀行総裁会 議は3日、マニラで会合を開き、外貨準備の資金融通枠を2400億ドル (約19兆2800億円)に倍増することで合意した。世界的な金融ショック からアジア地域を保護する取り組みの一環。

ASEANプラス3が会合後に声明を発表した。同グループはま た、危機防止で同資金枠を活用できるよう予防的な信用枠を設定するほ か、国際通貨基金(IMF)に関連しない形での一段の資金利用も認め る。

これら諸国の間では、タイ・バーツの下落をきっかけとした約15年 前のアジア通貨危機以降、域内協力強化が進んでいる。日本はこの日、 外貨準備で韓国国債を購入することで合意。同様の取り決めを中国とも 既に結んでいる。

原題:Asia Doubles Reserve Pool to $240 Billion to Shield Region (2)(抜粋)

--取材協力:Max Estayo、氏兼敬子、Eunkyung Seo、Sunil Jagtiani、Paul Panckhurst.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE