JPモルガン元デリバティブ責任者、アジアのファンド設立へ

米銀JPモルガン・チェースのアジ ア太平洋地域株式デリバティブ(金融派生商品)責任者だったウィリア ム・リー氏は、年内に自身のヘッジファンドを立ち上げる計画だ。域内 デリバティブ市場での価格と景気動向との乖離(かいり)に注目して投 資するレラティブバリュー戦略のファンドという。

リー氏(40)は電話インタビューで、早ければ11月に同ファンドの 取引を開始する計画だと述べた。機関投資家と個人投資家の取引パター ンの相違や規制によって生じる基本的な価値と価格のずれから利益を上 げることを狙う。

リー氏によれば、年間12-18%のリターンを目指すファンドは、大 中華圏、オーストラリア、日本、韓国、インド、シンガポール、マレー シアなどの市場に投資し、株式と通貨、債券およびそれらのデリバティ ブ(金融派生商品)を取引する。

原題:Ex-JPMorgan Asia-Pacific Stock Derivatives Head Plans Hedge Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE