豪ANZ銀:10-3月期純利益は10%増、海外事業が寄与

豪州で時価総額3位の銀行、オース トラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の2011年10-12年3月(上 期)決算は、前年同期比10%の増益となった。海外事業の利益の増加が 寄与した。

2日の発表によると、純利益は29億2000万豪ドル(約2420億円) と、前年同期の26億6000万豪ドルから増加した。ブルームバーグがまと めたアナリスト7人の予想平均は29億7000万豪ドル。アジア太平洋、欧 州、米州部門の調整後の利益は昨年4-9月から21%増加した。

マイケル・スミス最高経営責任者(CEO)は人員や経費の削減を 進めており、国内住宅市場が低迷し資金調達コストが上昇する中、成長 源としてアジアの高成長国に目を向けている。オーストラリア準備銀行 (中央銀行)は1日、欧州債務危機がしばらく悪影響を与える可能性が あるとの見通しを示し、経済成長を押し上げるため、市場予想を超える 大幅な利下げに踏み切った。

原題:ANZ Bank First-Half Profit Rises 10% as Offshore Earnings Surge(抜粋)

--取材協力:Lisa Pham.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE