NY銅:0.4%高の3.8435ドル-米製造業景況指数と自動車販売好感

1日のニューヨーク銅先物相場は6 営業日続伸。米供給管理協会(ISM)が発表した製造業総合景況指数 が事前の予想を上回ったほか、4月の米自動車販売で需要見通しが改善 された。

ISMが発表した4月の製造業総合景況指数は54.8と、前月の53.4 から上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は53だ った。同指数で50はサービス業活動の拡大と縮小の境目を示す。また、 米クライスラーとフォード・モーターの4月の販売台数増加はアナリス ト予想を上回った。

INTL・FCストーンのアナリスト、エドワード・メイア氏は電 話インタビューで、「一部地域の製造業指数が弱かったため、ISMの 製造業景況指数は重要だった。予想外の上振れだ」と指摘。「在庫の減 少もあり、銅相場はここから一段高となる可能性がある」との見方を示 した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 7月限終値は前日比0.4%高の1ポンド=3.8435ドル。銅相場の6営業 日続伸は2010年12月以来最長。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE